1月 ‘ROMEO’、‘MR.MR’のイベントが中止となってしまい、大変ご迷惑とご心配をおかけし心よりお詫び申し上げます。

続けてイベントがキャンセルになる事態の中、ただVISAが下りるのを待つしかない無力な状況で大変苦しんでいます。

アーティストは日本のイベントを行うため入国管理局から興行VISAを取って来日をします。
弊社は今年の1月のスケジュールを確定してから、スケジュール通りで各アーティスト興行VISAを申請しました。
3月まで地方のプロモーションを計画していた、‘ROMEO’、‘MR.MR’、‘ソンファン’は外部のプロモーション事務所を経由し行政書士にVISA申請を依頼し、東京イベントのみ計画していた‘Z-uK’は弊社からVISAを申請しました。
ところが、弊社より申請をしていた‘Z-uK’は問題なくVISAが下りていてイベントに問題ございませんが、地方プロモーションを予定していた他のアーティストのVISAが予定のスケジュール日が経過している現在までVISAが下りていない状況です。

弊社としても時間が掛かる具体的な理由までは把握できませんが、 VISAを取って活動をしていた特定のアーティストが出国の際、業務処理中ある書類の記入に誤記があったようで、行政書士や招聘先の方と入国管理局の間で整理をするのに時間が掛かっている状況です。

アーティストも2019年新たなプロモーションで皆様により良いパフォーマンスをお見せするため準備をしておりましたが、とても悲しく、何もすることもできなくて申し訳ございません。

イベントを楽しみにしていて、休みまで取っていたと思うファンの皆様に心よりお詫びいたします。
チケット代金の返金だけで皆さんの傷が治るとは思いませんが、まずキャンセル手続きに問題ないようにしっかりと対応していきます。

なお、VISA取得に関してはこれからもっと徹底的な対応をしていきニ度と悲しい思いをさせないように準備することを約束します。

アーティストの次回の来日スケジュールに関しては、VISA発行状況により韓国事務所と調整をして後日発表致します。

全スタッフ一同、もう一度皆さんにお詫び申し上げます。